忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
PCに向ひて心に移り行くよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば怪しうこそ物狂ほしけれ。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
BGM
♪虎視眈々(2013)
歌手:柿チョコ・ヲタみん・ゆいこんぬ

カイ式リッちゃんで。キレ音源


♪有頂天ビバーチェ(2013)
歌手:GUMI

まめg…じゃなくてランカよ!


♪WAVE(2012)
歌手:波音リツ・重音テト

10/12、リッちゃん誕生日おめでとう!


♪虚数ラバーズ(2010)
歌手:重音テト

10/10は、テトの日。2014。


♪いーあるふぁんくらぶ(2012)
歌手:そらる・ろん

パオリンもおじさんも可愛い♡


最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5月23日(土)

「花とゆめ」で連載されていた「しゃにむにGO」、最終巻となる32巻が31巻と同時発売となりました。



しゃにむにGO最終巻
作者の羅川真里茂さんは、「赤ちゃんと僕」で一躍有名になりましたが、
今回も負けず劣らずの傑作となりましたね。

テニスの試合もしっかり描写しながら、
主人公たちの3年間の成長を32巻に収めたのは、見事といえるでしょう。

少年漫画だと、その試合内容の描写に傾倒しすぎて、心理描写に薄いものが多いですが、
少女漫画というバックボーンと、羅川真里茂さんという作者のおかげで、
「しゃにむにGO」は、青春漫画として素晴らしい出来の漫画になったと思います。

登場人物たち、それぞれにきちんとエンディングが用意されていて、
物語をしっかり完結させてくれました…佐世古くんの事だけが、一寸尻切れトンボっぽいけど^^;


決勝戦前夜に延久とルウイが語らうシーンや、
延久とルウイが決勝戦前に、池やんセンセーに一礼するところや、
池やんセンセーが「あいつらが……いてくれたんです」って言うシーンや、
ルウイの父ちゃんが「頑張れっ」と叫ぶシーン、
上げだしたらキリがないほど名場面が多いけど、やっぱり今回一番良かったのは、
観客席に魔子を見つけたルウイが、「ほんとに…馬鹿だよなあ」って思うとこですね。

今まで単なるお邪魔キャラで、いまいち影の薄かった魔子ちゃんが、
ルウイの立ち直りのきっかけになるなんて、誰が考え付いたでしょうねw

欲を言えば、最終回のところに後2話くらい費やして欲しかったところですが、
ページの都合もあったんでしょうね。

まァ、登場したての頃は、ただのミーハーでしかなかった藤田記者の締めくくりも、
なかなか良かったと思います。


51jmzLLHNbL__SS500_.jpg518Z891ANBL__SS500_.jpg7andy_31526482.jpg
羅川真里茂さんは、好い話をたくさん書いております。

「赤僕」も「しゃにGO」も、ちょっと長いので↑あたりもお勧めです。
ただ、「ニューヨーク・ニューヨーク」はゲイの話なので、生理的にダメな方はよした方がいいかも…。

でも、読んだらゲイに対する認識は、変わるんじゃないかな?
個人的には、羅川真里茂さんの「NY・NY」は最高傑作なんです。
PR
≪  193  192  191  190  189  188  187  186  185  184  183  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
忍者ブログ [PR]