忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
PCに向ひて心に移り行くよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば怪しうこそ物狂ほしけれ。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター
BGM
♪虎視眈々(2013)
歌手:柿チョコ・ヲタみん・ゆいこんぬ

カイ式リッちゃんで。キレ音源


♪有頂天ビバーチェ(2013)
歌手:GUMI

まめg…じゃなくてランカよ!


♪WAVE(2012)
歌手:波音リツ・重音テト

10/12、リッちゃん誕生日おめでとう!


♪虚数ラバーズ(2010)
歌手:重音テト

10/10は、テトの日。2014。


♪いーあるふぁんくらぶ(2012)
歌手:そらる・ろん

パオリンもおじさんも可愛い♡


最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年12月5日(木)


本日は、残ったサブクエストを片付けてました。

行く先々で勃発するFATEにも、可能な限り参加してたので、
サブクエ自体はそんなに残ってなかったのに、結構、時間がかかってましたよ。


一番時間がかかったのは、サボテンを探すクエスト。
依頼人がゾンビーという、風変わりなヤツw

サボテン1号は黒衣森、中央森林の片隅にいたのを発見。

南ザナラーンの更に南端にいる依頼人のところに戻ると、サボテン2号が外地ラノシアにいると言う。
あの火山の場所(賢者の庵)、また、行かないとイカンのかぁ~。

行ってみると、サボテン2号の奴、打たせ湯でくつろいでやがるw

黒衣森、ラノシアときたら、ザナラーンにもいるんだろうな…と思いながら、ゾンビのところに戻ると、案の定。

それでも、南ザナラーンのアマルジャに連れ去られたと言うから、
近いし、すぐ見つかるだろうと現地へ向かったのだけれど、
目的の地域を3廻りほどしても、サボテン3号が隠れてるという壷が見つからない。

そうしたら、崖の中腹(としては中途半端な位置ではあるが)にある、出っ張りにありました。
アマルジャに連れ去られた筈なのに、何で、こんな忘れ去られたかのように置いてあるんだよ!ヽ(`Д´)ノ


サボテン3号を救い出して依頼人のところに戻ると、サボテンたちは故郷に帰ったと言う(´_`。)

そんな訳で、ようやくサボテンダーのミニオンを入手。

それは兎も角、「生きていれば良いこともありますネ」…って、ゾンビって生きてるのか?


サブクエストを終わらせて、砂の家へ報告に戻ると、次のレベルまでの必要経験値が8万をきってました。

正確な数値は忘れましたが、確か73,000ほど稼げばLv.49だった筈。
モードゥナで5回もFATEをやれば、獲得できる数字です。


『FF13』のイベントFATEが頻発してるので、20分ほどでLv.49に。

ビックリするくらい、早かったw
PR
エオルゼア情景 12月号2013

こんにちは。
夜中に見てる人には、こんばんは~。
朝っぱらから見てる人、あけましておめでとうございます。

……突っ込み不在なので、このまま続けさせてもらいますねw

因みに↑のネタは【第11回MMD杯本選】207【トークロイド漫才】」からのもの、

カリメロネタとか、進撃ネタとか面白いので、観てもらいたいw


さて、「エオルゼアの情景」を再開すると決めたので、11月は風景SSが30枚以上ありました。

1ダースに絞りましたが、それほど迷うことは無かったですな。


睥睨する大鷲

東ザナラーン、11月10日撮影。
大鷲じゃないかもだけどw

足元に影が落ちたので、見上げたら猛禽類が飛んでました。
うわ、すげー良い光景……と思い、鷲が戻ってくるのを待ってた次第。
時間経過に伴ない、ちょっと太陽が移動したのが残念。

あれが海都のメインマスト

中央ラノシア、11月11日撮影。
昔、リムサ・ロミンサは1隻の巨大な船だった…というのが能く分かる1枚。

暁闇破る進撃

東ザナラーン、11月10日撮影。
薄明の中の、ハイブリッジ。

本当の進軍ではないのだけれど、通りがかったチョコボに騎乗する人が好い感じ。
「夜明けを待って、進撃開始します!」といった風情。

届く陽光

東ザナラーン、11月10日撮影。
CPドライボーンは半地下になってるので、明と暗がはっきりしてる感じに。

それぞれの夕方

ウルダハ、ナル回廊、11月9日撮影。
多分、15時くらい。
現代みたいに17時まで仕事…なんてコトもないので、この位から帰途に付く人もちらほら。

まァ、この辺りは冒険者ばかりなので、殆どの人が24時間営業ですがねw

それぞれの朝

グリダニア、新市街、11月11日撮影。
ミイ・ケット野外音楽堂周辺は、いつ来ても好い風景が見られます。
特に、この西から見る風景は、お気に入り。

あまり通りがかる機会もないですが、来たら1枚撮ってかえるのが常w

雲海

外地ラノシア、11月11日撮影。
ラノシアの最北部に来た…と思ったのに、更に北にそびえる山がありました。

噴煙を上げる山も凄かったけど、眼下の景色も凄かった。

隧道にも光差す

西ザナラーン、11月30日撮影。
CPホライズンのトンネル。
こういう風になるだろうな…と思うことはあっても、その時間帯に居合わせられない事の方が多い。

風景SSって、ラッキーの産物ですよね。

銀河の中心に向かい

北部森林、11月24日撮影。
CPフォールゴウドで、見上げた空。
旧作の宵闇は、ひたすら蒼いというイメージでしたが、新生になってからは、しっかりと暗い感じ。
それにしても、星空は圧巻ですね。

是非、フルサイズで観てほしい。

豪雨でも働くぜ

東ザナラーン、11月12日撮影。
こんな横殴りの雨でも、NPCは帰らない…いや、帰れないw

まァ、それはともかく、雨にけぶるバーニングウォールが好い感じ。

眩しく輝くばかり

西ザナラーン、11月29日撮影。
構造物の隙間からもれる光は、天使の梯子にも通じて神秘的なイメージですね。

ランタンを灯すのには気が早い時刻だとは思うけれどw

森林霧中

中央森林、11月30日撮影
黒衣森にいることが少ないからか、霧の森林は珍しい気がします。
ラノシアは、しょっちゅう真っ白になってるけど。

人もMOBも写らなかったので、非常に神秘的な感じです。


さてさて今月の12枚、いかがだったでしょう。

まァ、「光」ばっかりでは早々にネタが尽きちゃいそうなので、別のテーマも探してみたいところ。
時間に余裕があれば、IDの中とか好い光景があるので、撮りたいんですけどね~w

それでは、また来月!
エオルゼアの情景 増刊号【2013】

βテスト時から撮りためた風景SSが結構あったので、まとめて掲載してみることにした。

ちょっと枚数が多くて、いちいち説明文とか付けてると冗長になってしまいそうなので、
つらつらと並べるだけにしておく。

まァ、なんとなく眺めてもらえれば、それでいいかなw

エオルゼアの情景 11月号【2013】

2年と5ヶ月の沈黙を経て、帰ってまいりました「エオルゼアの情景」!!w
…とは云いながら、今回もいつまで続けられるか分からないんですけどねww

まァ、『新生』になったコトですし、ネタが切れないうちはやっていこうかと思う次第。


そんな訳で、今回は10月分SSから4枚。

厳選するまでもなく、4枚しかなかったw


1枚目は、サブキャラのチャムで、ベスパーベイに行ったときのもの。

偶然で、こういうのが撮れるのは珍しいですよね。
まるで、こういうアングルを意識したかのような(したんだろうなw)、構造物の重なり具合。


お次、東ラノシアはコスタ・デル・ソルでの1枚。

夕陽に見えなくもないが、実は旭日。
テリオさん、ミコさんと蟹FATEのあと無駄話などしてたら、ゆっくりと日が昇ってきたわけです。

実は、このちょっと前の方が綺麗だったのですが、
気が付いてからアングル決めとかしてたら、撮り逃しちゃいました


南ザナラーンでチョコボに乗って東に向かってたら、太陽が昇ってきたので。

こういう何にもないところでの撮影は、アングルに気を遣いますな。


最後は、モラビー造船廠での1枚。

こちらは、サブキャラのチィでの活動中のものですな。
メインキャラを操作しているときよりも、サブキャラのときの方が、割りと風景を見てるのかもw


今回は、久し振りというコトもあり、SSのタイトルを付けませんでした。

もし、以前の通りタイトルが欲しいという人は、お知らせ下さい。

エオルゼアの情景 6月号 2011

5月分のブログを読み返してると、全然エオルゼア活動をやってない印象ですが、其の通りですw
記事数は5つ、実際のログインは6回でしたよ。

それでも、何枚かは風景SSかは撮ったので、6月号刊行です。

先回、「ではまた来月号で~?」…って云っちゃったしね!w


未明の空
The sky before dawn.

木々の間にチラリと見える「空」がポイントです。

百合の花咲く
It's bloomy of the lily...

黒衣森のあちこちで見かける白百合…私、好きなんです。

湖面に浮かぶ緑
Plant that floats on the surface of the lake.

好い風景なんだけど、ビラさんに言われてから、水の透明度の無さが気になって仕方ないw

天蓋からの光
Light from canopy.

実際の画面より、かなり明るく撮れてしまいました。
ランタンの光と天蓋を通した陽光が、ハレーションっぽくなっています。
ガンマ値を下げてみても、あんまり効果無かったので、そのまま掲載しました。


最後のヤツは、ランタンの光と天蓋を通した陽光の関係が美しく見えたので撮ったのですが、
SSになってみると上記のように、ちょっと残念な感じに…。

没にしようかとも思いましたが、作品数が少ないし、天蓋の透過光の感じは悪くなかったので…。

「ではまた来月号で~?」w
 1  2  3  ≫
HOME
忍者ブログ [PR]