忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
PCに向ひて心に移り行くよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば怪しうこそ物狂ほしけれ。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
BGM
♪虎視眈々(2013)
歌手:柿チョコ・ヲタみん・ゆいこんぬ

カイ式リッちゃんで。キレ音源


♪有頂天ビバーチェ(2013)
歌手:GUMI

まめg…じゃなくてランカよ!


♪WAVE(2012)
歌手:波音リツ・重音テト

10/12、リッちゃん誕生日おめでとう!


♪虚数ラバーズ(2010)
歌手:重音テト

10/10は、テトの日。2014。


♪いーあるふぁんくらぶ(2012)
歌手:そらる・ろん

パオリンもおじさんも可愛い♡


最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5月16日(月)

最近、ジュノ港の混雑っぷりは半端でなく、もう何人の犠牲者が出たことか…((((;゜Д゜)))

そりゃ741人も居たら、落とされちゃいますよ!

アビセアへの経路があり、飛空艇で来る人もあり、
上層の錬成釜が撤去されたので、錬成してる人も居るかも(最近は居ないだろうけどw)…。

そして、そんな人たち目当てにシャウトする人が大勢居て…。
ウチのサーバのシャウトと云えば、以前は白門が暗黙の了解みたいになってたのに、
VUでサーバ統合してから、いつの間にかジュノ港でのシャウトが普通になっちゃって( ;=Д=)

そんな訳で、入る前はサーチして人数を確かめてからじゃないと、ジュノ港へ行けたものじゃありません。

人が多い時間帯に飛空艇を使うのは非常に危険なので、
昨夜丑三つ時を見計らって(それでも473人も居たのには驚きだw)ジュノ港へ行き、
カザム行きの飛空艇に乗りました。

カザム
…という事で、本日のヴァナ活動はカザムからです。

今週、低地エルシモのリージョンをサンドリアが取ったので、補給しておかないと!

マグさん
ついでにノーグへも行って、「ある刀鍛冶の依頼」を受けておこうと段差を降りていったら、マグさん発見w

マグさん、次のジョブを上げはじめたんですな~。

アトルガンへ
ノーグに寄った後はD4で戻り、マウラへ。
ロングジャーニーが発動してると、こういう時助かりますな。

タイミングよくアトルガン行きの船が着いたので、そのまま乗り込みました。

約15分間、何もすることがなかったのですw

白門
来ました、アトルガン白門

レヴィで来るのは勿論初めてなのですが、ようやく来れた…というのが正直な感想。
レベル35なんだから、来るの早過ぎな筈なんですがねw

AM
アトルガンまで来た目的は、モグロッカーを使えるようにすること。

なので先ずは、傭兵登録をしてもらわないとイカンのです。
でも昨日夜更かししすぎたので、もう眠くて…。

続きは、また今度~w


PR
≪  825  824  823  822  821  820  819  818  817  816  815  ≫
HOME
Comment
(・ω・)
ジュノに741人も!?
リネⅡの鯖人口くらいじゃ…
まだまだプレイヤー多そうですね。
いつの間にか鯖統合してたんですな(´・ω・`)
しぇる 2011/05/18(Wed)11:19:06 編集
コメントだんだんなのです!
鯖統合は、つい先日の事だったんですが、
イフはジュノ下層でシャウトするのが定番だったのか、
あっという間におでんでも定着しちゃって…。

結果、ジュノ下層741人。

1エリア740人が上限らしいですよ( ;=Д=)
2011/05/18 20:29
Σ(゜д゜)
いつのまにアトルガンにまでww
差し入れは終わっちゃった??
もしまだだったら火山だったら簡単に終わるし
エスケ要員で手伝うよぉ(*´∀`)

みこ 2011/05/18(Wed)15:07:46 編集
コメントだんだんなのです!
半島と砂丘でレベル上げしつつ、クエストアイテムも集めていたのです!
差し入れも、昨日やっちゃいましたw
2011/05/18 20:30
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  825  824  823  822  821  820  819  818  817  816  815  ≫
HOME
忍者ブログ [PR]