忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
PCに向ひて心に移り行くよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば怪しうこそ物狂ほしけれ。
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
BGM
♪虎視眈々(2013)
歌手:柿チョコ・ヲタみん・ゆいこんぬ

カイ式リッちゃんで。キレ音源


♪有頂天ビバーチェ(2013)
歌手:GUMI

まめg…じゃなくてランカよ!


♪WAVE(2012)
歌手:波音リツ・重音テト

10/12、リッちゃん誕生日おめでとう!


♪虚数ラバーズ(2010)
歌手:重音テト

10/10は、テトの日。2014。


♪いーあるふぁんくらぶ(2012)
歌手:そらる・ろん

パオリンもおじさんも可愛い♡


最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年4月20日(土)

やっぱりジム・ストライカーが欲しいな…とて、給料も振り込まれたことだし、もう3,000BCを購入してみる。

そして出たのは、またもやジム・スナイパーカスタム(銀)…_| ̄|○

「当たり」が有るんだから、引きは悪くない。
……悪くないのに…。


コレで、消費税込み\6,300を使ってしまった。
ゲーム1本分って云ったら、最近じゃ5kから7kくらいが適当か?

もう3,000BC買ったら、9,000円超えちゃいますよ。

どんな特典付きの、贅沢なゲームですかって話になっちゃいますよね?


…。
…。
…。
…。

ええい!
清水の舞台から飛び降りる!!……というほどでも無いんだけど、もう1回だ!w


で、出たー!ヽ(=▽=)ノワーイ

いや、だからって金・銀、両方出なくても…。
ホントに、引きはいいなァw

では早速、資材を買い込んできて、開発しちゃいましょう♪


するとモスク・ハン博士が、良いものを造っていってくれましたよ。

この前のフラナガン博士のグフカスタムといい、毎回、私は恵まれてますなァ。


隊長に進言して作ってもらった部隊章も、貼っておきましょう。

今のところ、カラーバリエーションがないのは残念ですが、今後実装されることを期待。


牽制用に所持してる100mmマシンガン等も割りに使えますが、ジム・ストライカーの真骨頂は、やはり格闘戦。

ロッドモードだと真ん前にしか突き出しませんが、サイズモードだと横への判定もなかなかのもの。
しかしながら特筆すべきは、そのリーチでしょう。

ロッドモードのダッシュ格闘だと、その踏み込みだけで100mを超えるのは凄い!w

ロッドで踏み込んで、サイズで振り回す…というのが基本パターンでしょうか。


ジム・ストライカーのお陰ってわけでもないのですが、中尉に昇進。

段々とPP獲得が、厳しくなってきましたね。
せめて、降格はしないように頑張らないと!w



半端にウェブマネーが余ったので、ジオン側で1回だけDXガチャを回した結果w

「当たり」のザクⅡF型(狙撃装備)が出やがったwww
ホントに、引きの良い私。

ただ、開発したのはいいけれど、デッキコストが足りなくて、出撃させられないw
PR
2013年4月19日(金)


ちょっと見難いSSですが……8連続撃破を達成!ヽ(=▽=)ノ

ヒートサーベルが強いとされるグフカスタムですが、
実のところ、そのアドバンテージはシールドガトリングだったりします。

射程長めで、弾丸一発当たりのダメージが大きいとなれば、中距離を維持して撃ち込むのが吉。

後は、敵の後ろからコッソリ近付いて、ヒートサーベルで斬りふせたりw

まァ、何よりシールドを持ってるのが大きいですな。

盾で全弾受け止めて、機体は無傷だったコトありますし。



さて、本日は私、少し怒ってます。

ジオン軍での2戦目。
戦略ゲージで30%程負け状態の10分過ぎから、指揮官の命令更新が滞ったのです。

誰かが「命令更新なくなったな」と言った瞬間でした。

システムメッセージで、指揮官が戦場から離脱した旨が報告されたのです。

……え?
指揮官、逃げやがった…。

逃・げ・や・が・っ・た(`△´#)

勝ち戦ならともかく、負けそうな部下たちを見捨てて指揮官が逃亡しやがったのです。

そりゃ、誰だってマイナス評価は嫌でしょう。
そんなのは、「誰だって」同じだよ!

元々、私は怒りの沸点が低い人間なのです。

余りの理不尽さに、すぐさま指揮官代行に立候補しました。


しかしながら、前指揮官(くそぅ…アカ分かれば晒してやるのに)が見捨てたほどの戦況。
俄か指揮官が、どうこう出来るものでもありません。

どんな無駄遣いをしたのか、戦術ゲージは殆ど残っておらず、
どう遣り繰りしても、戦略兵器は出せそうにない。

唯一残ってたエースのガルシアを出撃させて、中央の第3拠点の攻略に兵を割きましたが、焼け石に水。


結果は惨敗でしたが、パイロットたちは一斉に「グッジョブ」をくれました。


指揮官というものは、最後の最後まで勝つための方策を模索するのが務めだろう!
勝てなかったなら、その責任を負うのが指揮官の役目のはず!!

ゲームだからといって、いの一番に逃げ出すなんて…。


実のところ、途中で戦場放棄する指揮官は増えてるのだそうで。

私は、今まで運が良かったのか、今回のようなケースは初めてだったのです。

このゲームは、立候補しないと指揮官にはなれません。
無理矢理やらされるケースはないのです。

責任を取れないなら、指揮官をやるな。

マイナス評価が怖いなら、パイロットで支援機にでも乗ってろ。


私には、リアルでの部下が数人いる。

現場へ出れば、生命の危険があることだってあるのだ。
部下を見捨てるということの重大さを知ってるだけに、今回のことは、ちょっと腹に据えかねたのです。
2013年4月15日(月)


ちょっと、『機動戦士ガンダムオンライン』のシステムについてのおさらい。

連邦、ジオンの両陣営が、相手の戦力ゲージを減らしていくゲームですが、
その最たるものは、やはり敵本拠地への突撃となるでしょう。


本拠地は1マップあたり、各陣営に1~3つずつ用意されます。

↑のSSだと、1つずつですね。
左上の「A」が連邦軍、右下の「X」がジオン軍といった具合。

この場合、本拠地を落とされた時点で、ゲームオーバーということに。

複数個の本拠地がある場合は、他の本拠地が残っていれば、戦力ゲージがある限り戦い続けられます。


途中の1~5の番号が振ってあるのは、拠点。
ゲーム中、コレを取り合うことになります。

拠点は、機体を破壊された場合とかの再出撃ポイントとなるので、かなり重要。

敵本拠地に近い拠点を制圧できれば有利なのは、言うまでもありません。


『ガンダムオンライン』では、1人の指揮官と51機のMSが最大戦力となるのですが、
規定時間内に51人揃わなかったり、指揮官のなり手が居なかったりすることもしばしば。

指揮官は、MSパイロットに命令指示を出すのは当然として、
索敵機を飛ばしたり、空爆を要請したり、補給艦を出したり、エース機を出撃させたりと重要な役割。

上記の「~したり」のような特殊行動を「戦術ゲージ」という数値を消費しながら実行します。

当然、1度実行した特殊行動にはリキャもあるので、時間配分も考えなければなりません。

詰まり、指揮官が居ない場合、ほとんど勝てない…ということに。

そんな訳で、大体はパイロットたちの中から、誰かが臨時に指揮官を買って出るのですが…。



本日のテキサスコロニー、連邦軍での2戦目でのこと。

ふと誰かが呟きました。
「コンテナ運んでも意味ねーw」

あれ?…と思い、戦術ゲージを見てみるとマックスの1,000w
え?誰も指揮官やってないの?

しばらく様子を見てましたが、誰かが指揮官席に収まる気配はありません。

その時点では、僅かに戦力ゲージで勝ってましたが、補給艦なしでは辛い戦局になる可能性もあります。

仕方が無いので「いないよりマシ」くらいのつもりで、指揮官に立候補。
指揮官なんて、やるつもり全然なかったのに…。

しかしながら、自陣本拠地へ突撃されて戦力ゲージを引っくり返されてから、K/Dでは終始不利。

エース機も何故か出せない状態だし、常に押し込まれてて補給艦を出す余地もありません。
戦場が、ほぼ半地下に移ってて、空爆さえ有効ではない。

せめて、パイロットたちへの命令更新だけは、頑張ってやらないと!

もう、中央の本拠地はなくなってたので、戦力は2つに分ければ良かったのは僥倖だったかも。

戦力ゲージが30%を切ったところで、戦略兵器(通称「核」)を投入。

この戦略兵器、実のところ設置式なのでMSで運搬しなければなりません。
詰まり、パイロットたちの腕次第w

本来なら、エース機を同行させて露払い、若しくは陽動をしてもらうのですが、上記の通りエース機なし。

爆撃機で援護してやるくらいのことしか出来ないのが、とても歯痒かったです。


作戦時間、残り1分をきり、残戦力ゲージ10%未満。
ジオン軍の戦力ゲージは、未だ30%超の最終局面。

もう、ほとんどの者が、負けを覚悟したかもしれません。

かく云う私も、十中八九勝てないと思いながらの、最後の賭けでした。

撃墜されずに残ってた戦略兵器運搬機の道を作ってやるために、敵本拠地付近に最後の空爆。

其処を、装甲強化型ジムが突っ走っていく。


おお!
やってくれやがったw

まるで、映画のような幕切れwww


凄い勢いで「グッジョブ」されましたが、
この勝利は戦略兵器運搬機と、それを辛抱強く護衛したパイロットたちのものでしょう。

パイロットたちを労う声は、いつもの「乙カレー」でしたけどねw


この時、同じ小隊だった人が、戦闘後に声をかけてくれました。

何か、涙が出そうなくらい嬉しかった…。
2013年4月14日(日)

やっぱり、ジム・ストライカー欲しいな……ってコトで、3,000BC(バナコイン)を購入してみた。

コレで、DXガチャコンチケットを10枚買って、11回分のガチャが出来ることになります。



……で、出たのはジム・スナイパーカスタム…。
…確かに、コレも「当たり」なんだけどさー!www

引きは悪くないのに、その運の無さにがっくりしてしまいます。

物欲センサーって、ネット世界じゃ実在するんじゃねーか?w


しかしながら使ってみたら、その性能にビックリなの。

チャージで威力が最大4倍になるスナイパーライフルが、凶悪すぎます。
一撃で、ドムのアーマーが半分になるとか!

威力を上げていけば、1,000程度のアーマーなら一射で粉砕できるんじゃないでしょうか。

コスト280は、伊達じゃなかったんですねw



でもやっぱり、あの刺又には憧れる(/ω\)
2013年3月30日(土)


実装直後は確率が高くなかったようだったのに、修正されたのか割りと頻発してる襲撃戦。
勝っても負けても面白くない…と、かなり不評なコンテンツなのですが、その理由は前回書いたとおり。

しかしながら攻撃側が不利だからとて、そのままにしておかないのがゲーマーの性。

勝てる法則を、模索します。


結局、最終防衛ラインはゴリ押しでは突破できない…というのは、もう周知のこと。

その理由は、防御側が戦力を集中できることにあります。

詰まり前線近くに再出撃ポイントである戦艦が存在し、
再出撃とともに攻撃側の殲滅にかかれるというのが、大きな利点なのです。

では、その利点を奪ってやれば良い…ということで、防御側の戦艦を狙う戦術が浸透してきました。

戦艦を破壊されると、防御側は再出撃ポイントが前線から遠くなり、
1度やられてしまうと接敵までに時間がかかることになるのです。

残念ながら↑の時は戦艦の復活が早く、
おまけに再出撃ポイント用に前進させた此方の戦艦を、戦略兵器で破壊されて押し切れませんでした。

次の襲撃戦は防御側だったのですが、上記の戦法であっさりと最終防衛ラインを突破されてしまいましたw

まァ、4隻も5隻も戦艦を出されては、攻撃が追いつきません。

……そうか、戦艦の数もポイントか…。


戦術が確立すると、あっさりと攻撃側有利なコンテンツになってしまいました。
それはそれで、やっぱりツマラナイんですけどね(=▽=;)



機体の塗装が出来るようになったので、装甲強化型ジムをグレイに塗ってみました。

もうちょい暗めを予想してたのですが、明るいところで見ると割りと白い?


勝率3割くらいなのですが、ポイントはそこそこ稼げてるので、准尉に任官しました。

昇進して早速、マイナス評価を頂いちゃいましたけど…。
そう、幹部になると、降格の可能性もあるのです。

頑張って、ポイントも稼がないと!w


ジオン軍ではポイントの稼ぎ自体は少ないながらも、勝率が良いので早くも曹長になりました。

Annie96が、Aiber96を追い抜く日は、そう遠くないかも知れませんなw
忍者ブログ [PR]